【tdr0802】イッツ・ア・スモールワールドのボートに貼られた禁止マーク

世界には多くのマークがありますよね。

中でもよく見かけるのが俗に言う禁止マーク。

禁止対象となる絵に重なるよう、左上から右下に掛けて斜線の入った赤丸のマークを皆さんも見たことがあるかと思います。

実はあの禁止を意味する斜線入りの丸いマークは、英語の「NO」が由来で、 “N”と“O”を重ねたことで生まれ、いまや禁止事項を一目で判別させるために多用されるようになりました。

禁煙マークのようにメジャーなものもあれば、一点もののオリジナルに富んだものもある禁止マークですが、東京ディズニーランドの人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」にも“オリジナルの禁止マーク”があるのをご存知ですか?

そのマークはアトラクションで使用されるボートに掲示されています。

いい例と悪い例の対比になるよう、左には「ボートに正しく乗る」マークが、右には「ボート上で大暴れしている」禁止マークが並べられており、誰が見ても一目でわかるようにデザインされています。

大暴れしているイラストを見る限り、「ここまで暴れる人はいないでしょ」と思ってしまいますが、きっと過去にはしゃいで他のゲストに迷惑をかけた人がいるからこそ、このマークが生まれてしまったのでしょうね。

いくら夢の国とはいえ、自分勝手に暴れて楽しむのはマナー違反です。

他のゲストに迷惑をかけないよう、マナーを守って楽しみましょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る