【tdr0605】ウォルトは晩年、ドーナツを○○に浸して食べた?

605

ディズニーの創始者「ウォルト・ディズニー」は、ディズニーランドでアルコールを販売することを(「Club33」をのぞいて)よしとしませんでした。

家族で楽しむテーマパークに酒は不要、酒を飲まなくても十分楽しめる、そんな思いがあったのでしょう。

とはいえ、当の本人は全くお酒を飲まなかったわけではありませんでした。

特に晩年は酒に溺れ、朝っぱらからアルコールを口にしたほど。

朝食はスコッチ・ウィスキーに浸したドーナツを食べるのが一番のお気に入りで、毎日のように食べていたそうです。

多くの人々に夢と希望を与えるために、アニメを作り、テーマパークを造ったウォルト。

称賛に値する、これらの偉業は並大抵のことでは果たせるものではありません。

周囲の人間からの反発もあったことでしょうし、思い通りにいかないこともあったでしょう。

事業が大きくなった分だけ重くなる肩の荷を背負いながら、身を粉にして働き続けた結果と言えるかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る