【tdr0040】キャストは何処で何を食べているの?

現在、東京ディズニーリゾートでは正社員2201人、テーマパーク社員が777人、準社員が18,066人ものキャストが働いております。(2012年3月31日調べ)

大規模テーマパークですから、キャストの人数が多いのも頷けます。と同時に、これだけのキャストがいったい何処で食事をしているのか、気にはなりませんか?

当たり前のことですが、キャストだって休憩をとりますし、食事だってします。でも、我々ゲストはその姿を見ることはできませんから、なんとなく興味がそそられますよね。なんてったって「夢の国」で働いているわけですから、その休憩の様や、バックグラウンドの様子を想像してみたくもなります。

実を言うと、東京ディズニーリゾート内には7か所に社員食堂が用意されているのです。当然キャスト以外入れませんが、どこに社員食堂があるのか、ご紹介しようと思います。

【東京ディズニーランド】

●キャストイン:「カリブの海賊」のバック。
○ファンシー :「イッツ・ア・スモールワールド」のバック。
●Tラウンジ :「スペース・マウンテン」のバック。

【東京ディズニーシー】

○シェフ・ハット:「本社ビル」と「ホテルミラコスタ」の間。
●シーキッチン :「ロストリバーデルタ」のバックステージ。
○ベイフロント : S.S.コロンビア号のバック。

【他】

●Sカフェ   :ランドとシーのキャストが利用する食堂。
ディズニーリゾートラインの車庫下。

食堂ごとに名称がついているというのがディズニーらしいですね。

ただし、食堂の中はいわゆる「一般企業の社員食堂」と大差はないようです。

メニューは和風や洋風のものが多いそうで、料金はリーズナブル。大体のものが1コイン、500円以下で食べられるとのことです。しかも、一番高いステーキセットのメニューでも600円を切るというから驚きです。さすが社員食堂、ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る