【tdr0339】東京ディズニーリゾート内で歩き疲れにくいのは何故?

子どもも大人も楽しめる日本最大級のテーマパーク施設、東京ディズニーリゾート。

一日では回りきれないほどのアトラクションを備えているため、一度足を踏み入れたら、歩みの止まらない方が多いかと思います。

さて、「あのアトラクションで遊んで、買い物して、ご飯食べて・・・」と目まぐるしく園内を歩いていて気付いたことはありませんか?

かなりの距離を歩いたのに疲れていない・・・、ということに。

コレにはきちんとした訳があります。

「楽しすぎて疲れが脳に伝わっていないのだろう」だとか、「夢の国のパワー」だとかそういう話ではありません。

実は地表に足が疲れないようにするために、衝撃を吸収する加工が施されているのです。これにより、普段歩くよりも疲れ辛く、快適に園内を巡ることができるわけです。

それにしても、ゲストのためとはいえ、地面にまで工夫が凝らされているなんて思いもしません。

こうした配慮が出来るからこそ、一流のテーマパークとして顕在しているのでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る