【tdr0533】ワールドバザールのガラス屋根には何枚のガラスが使われているの?

東京ディズニーランドのエントランスを抜けた先にある「ワールドバザール」

レトロなアメリカの街並みを覆う「オールウェザーカバー」の光景は圧巻ですよね。

実は、このガラス屋根は日本のディズニーパークならではのもの。梅雨や台風など雨の降ることが多い日本の天候に合わせて取り付けられました。

あれだけ大きな屋根ですから、突然の通り雨でも安心して雨宿りできますよね。

さて、「オールウェザーカバー」は骨組みの枠ごとに1枚ずつ特殊ガラスが使用されているのですが、一体どれだけの枚数が使用されているのか、気になりませんか?

なんと、4,000枚もの特殊ガラスが「オールウェザーカバー」に使用されているのです。いくら強化された特殊なものとはいえ、ガラスを吊って屋根を形成する作業は大変だったでしょう。

ワールドバザールの空に4,000枚のガラスが使用されている・・・と考えてみると、なんだか見方が変わりますよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る