【tdr1875】ピクサーが風雲たけし城をパロディ化していた?

2011年に公開されたピクサー映画「カーズ2」

前作から舞台を世界に広げ、マックィーンとメーターのコンビが活躍する物語ですが、本作には他にもたくさんの魅力がつまっています。

そのひとつが本作中に散りばめられた小ネタ。

マックィーンとメーターが東京行の旅客機に乗り込んだ際、モニターには何やらゲーム番組が放映されています。

番組に登場するのは歌舞伎の隈取りメイクが特徴的なタケシと、黄色いボディに眼鏡をかけたヒロアキ、ヘルメットを被った緑色のボディをしたユキオの三台。

歌舞伎メイクと名前から見ても「日本」をイメージしているのはお分かりかと思いますが、実はこれ、1986年から1989年まで放送されていたテレビ番組、「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」のパロディなんだそう。

意外なことに「風雲!たけし城」は海外でも大人気のテレビ番組で、様々な国で放送されているほか、リメイクされた海外版が放送されています。

一部ではカルト的な人気もありますから、今回のようなパロディも不思議ではないわけです。

ちなみに「風雲たけし城」に出演するビートたけしは隈取りメイクをしていません。※他の出演者には隈取りメイクをしたキャラクターがいました。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る