【tdr0675】「ビーバーブラザーズのカヌー探検」で使用されるパドルの秘密

675

東京ディズニーランドのアクティビティー型アトラクション「ビーバーブラザーズのカヌー探険」

カヌーは16人乗りのカヌーで、約700mある環状の「アメリカ河」をキャストとゲストが協力して一周する、開園当時から人気のアトラクション。対象年齢は「3歳以上から」ということで、子供も一緒に乗って漕ぐことが可能になっています。

さて、カヌーといえば必要不可欠なのが「パドル」ですよね。

このパドルを操って、カヌーを行きたい方向へと進めるわけですが、実はこのパドルには言われないと気付かない「ちょっとした工夫」が凝らされています。

その工夫というのが「長さ」

なんと、キャスト用とゲスト用、子供用とで長さが違うのです。

ゲストが使用するパドルの長さは1.2mで、子供用は0.9m。

そして、船首に位置するキャストのパドルは1.5mあり、船尾に位置するキャストのパドルは1.6mもあるのです。たかだか30~40cmの違いと思うかもしれませんが、これが大きな違いになります。

カヌーを目的の方向に進めるというのは意外と難しいことで、初心者ともなればパドルを扱うのも大変なこと。

そこでカヌーに慣れたキャストが活躍するのですが、ゲストと比べればキャストは少数なため、パドルの長さをゲストよりも長くし、キャストがリードできるようにしているのです。

とはいえ、多くのゲストが乗ったカヌーをリードするのはとても大変そうですよね。熟練したキャストとはいえ、簡単なことではないと思います。

ゲストのために頑張ってくれるキャストたちに感謝ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る