【tdr0214】東京ディズニーリゾートが一日で消費する電力はいくら?

様々なアトラクションやショー、パレードなどで賑わう東京ディズニーリゾート。

日中は日中で楽しいですが、夜は夜で違った楽しさがあります。

なんといってもライトアップされることで雰囲気がガラリと変わるところが魅力。普段と違う空間になる、といいますか、幻想的でとても綺麗ですよね。

そして夜のディズニーの大定番で絶対に外せない「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は必見。100万個も使用された電飾の他、発光ダイオード、光ファイバー、LEDライトなどが駆使されており、ライトアップされたフロートで繰り広げられるパフォーマンスは別格です。日中行われるパレードも素敵ですが、このエレクトリカルパレードが演出する華やかでファンタジックな世界観は夜しか味わえません。

色鮮やかで、それでいて賑やかで、まさに夢の国にいる気分になれますが、無粋な話、これだけライトアップしていると、気になるのが消費電力です。夢の国に似つかわしくない現実的な話で申し訳ないのですが、想像できる通り、桁違いの電力を消費しているのです。

東京ディズニーリゾートの消費電力は、なんと一日約57万kwh。

桁違いすぎて想像がつかないかと思いますが、これは一般家庭が一日に消費する電力の5万倍に相当します。因みに、東京ドームで夜間に行われる野球試合で消費される電力は、1試合でおよそ5~6万kwh。つまり、東京ディズニーリゾートの消費電力は東京ドームの夜間10試合分ということになります。・・・といっても、どちらも一般家庭の規模から逸脱しているのでピンと来ませんよね。

では、ひとつの家庭が1561年以上かけて消費する電力を、東京ディズニーリゾートはたった一日で消費する、といえばどうでしょうか。ピンと来るどころか、余計わかりづらい表現になってしまいましたが、ひとつ言えるとしたら、一般家庭が途方もない年月で消費される電力が一瞬で消費されるということです。

夢の世界観を演出するために、桁違いの電力を消費している東京ディズニーリゾート。

一日の消費電力が一般家庭の5万倍ということは、請求される電気代も5万倍ということになります。

我々ゲストが夢のような一時を過ごしている裏では、恐ろしい電力を消費し、恐ろしい電気代が支払われている・・・そう考えると、夢も覚めちゃいそうですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る