【tdr1344】「トイ・ストーリー4」はラヴストーリー!?気になる内容と公開日は?

今やピクサーの代表作として高い人気を得ているシリーズ作品「トイ・ストーリー」

1995年に1作目公開以降、その人気は世界に飛び火し、1999年に2作目、2010年に3作目とシリーズを展開。

いずれも大ヒットし、3作目である「トイ・ストーリー3」で、その物語は幕を下ろした・・・はずでしたが、思わぬことに4作目の制作が発表され、“これ以上続編は作られることはないだろう”と考えていたファン達を驚かせました。

さて、「トイ・ストーリー4」の制作決定で気になるのはやはり、その内容ですよね。

前作では長年玩具を所有していたアンディと別れ、新たな子供のもとで玩具として過ごすエンディングを迎えており、制作陣も完璧な終幕と称しています。

そのため、今回作られる続編はこれまでのような玩具と子供の関係や玩具が繰り広げる冒険物語とは趣向を変えた「玩具同士のラヴストーリー」となるようです。

メインとなるカップルはシリーズを通して主人公であるウッディと、1作目と2作目に登場したランプ飾りの羊飼い人形ボー・ピープ。ウッディとボー・ピープはお互いに惹かれあっている関係で、作中互いに気にかけているシーンが描かれていました。

特にボー・ピープのアプローチは積極的で、付き合っていてもおかしくない状況でしたが、3作目ではガレッジセールで売られてしまったために登場せず。ウッディと再び会うことなく、物語は幕を閉じてしまいました。

そのため、4作目ではウッディとバズがボー・ピープを取り戻すために冒険に出るそうで、ジョン・ラセターの言葉を借りると「とてもエモーショナルなラブストーリーになる」そうです。

さて、気になる監督と脚本ですが・・・監督にはシリーズ1,2で監督を務めたジョン・ラセターが、脚本は女優のラシダ・ジョーンズと俳優のウィル・マコーマックが務めるとのこと。

ラシダ・ジョーンズといえば「ステイ・フレンズ」など多くのラヴストーリーに出演しているほか、ウィル・マコーマックと共に「セレステ&ジェシー」の脚本を書いており、ラヴコメには造詣が深いことで知られています。

そんな二人が描く「トイ・ストーリー4」の物語、一体どんなものになるのか注目ですね。

さて、気になる公開日ですが、日本では2016年10月現在未定となっています。(アメリカでは2019年6月21日公開予定)。

当初は2018年7月14日に日本で公開予定でしたが、2019年6月以降になることは間違いないでしょう。

ストーリー含め、続報が待たれますね!

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る