【tdr0375】フラッシュONで撮影すると魔法が見える?

2011年4月15日、東京ディズニーランドのファンタジーランドでオープンした「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」

1950年にアメリカで公開された「シンデレラ」をモチーフに、シンデレラ城内部に約20億円の費用をかけて建設したウォークスルータイプのアトラクションです。

アトラクション内には「シンデレラ」の各シーンを題材にしたジオラマや絵画などのアート作品が展示されており、キャストからの説明を受けた後は自由に歩き回って鑑賞することができます。

さて、数ある作品の中に、一つだけ魔法のような演出が込められた絵画があります。

それは大広間の「フェアリー・ゴッドマザー」が描かれた絵画。

一見すると、笑顔の「フェアリー・ゴッドマザー」がスティックを片手に振り上げているだけの絵なのですが、この絵を「フラッシュON」にしたカメラで撮影すると・・・

振り上げたスティックから魔法の光が流れ出ている写真が撮れるのです。

「フラッシュOFF」にしたままでは、肉眼で見たまま、魔法が映ることはありません。

これぞ、魔法の演出、といえますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る