【tdr1676】シンデレラの噴水はいつからあるの?

東京ディズニーランドのシンボルである「シンデレラ城」

その裏手にはヒロインのシンデレラが座る噴水「シンデレラ・ファウンテン」があります。

噴水の中央に座るシンデレラと、シンデレラを囲むネズミや小鳥の姿は映画の1シーンを思い出させますよね。

当たり前のように存在し、ゲストに親しまれているするシンデレラ・ファウンテンですが、意外なことにディズニーランド開園初期からあったわけではありません。

なんと来場者数500万人を達成した記念に、ウォルト・ディズニー・プロダクションから寄贈された物なのです。

来場者数500万人を達成したのは1983年9月5日。開園したのは同年4月15日ですから約5ヶ月後のことでした。

まぁ、ほぼ開園時からあった、といってもいいのですが、初めからあったものと500万人達成の寄贈品とではだいぶ意味合いが異なりますね。

ちなみに、シンデレラの噴水のすぐそばには文字が彫られたプレートが掲示されています。以下はその文。
————————————
La Fontaine de Cendrillon
Cinderella Fountain

Inspired by the French fairy tale
and the Walt Disney film classic.

————————————
翻訳すると・・・
————————————
(仏)シンデレラの噴水
(英)シンデレラの噴水

フランスのおとぎ話に影響を受けた
ウォルト・ディズニー往年の映画。

————————————
という意味になります。

フランスのおとぎ話が由来だから、「シンデレラの噴水」というワードをフランス語と英語両方で表記しているのでしょう。

理由や意味が解ると見かたが変わるディズニーパーク。誰かと一緒に訪れた際に話題にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る