【tdr0611】東京ディズニーランドで数百年に一度の超レア写真が撮影される!?

611

2012年5月21日、この日、東京ディズニーランドの上空では大変珍しい現象が起きていました。

その現象とは「金環日食」

太陽と月が重なり、太陽が光るリングのように見える現象です。

多くの人が日食グラスをかけて空を仰いだことでしょう。

関東での観測は1839年9月以来になり、実に173年ぶりの超レア現象。

日本中が「金環日食」で大盛り上がりの中、東京ディズニーランドでは「オフィシャルフォトグラファー」による撮影が行われました。

トゥーンタウンでタクトを振るミッキー越しに撮影してみたり、トゥモローランドのスタージェット越しに撮影してみたり、ウォルトとミッキーに「パートナー像」越しに撮影してみたり、と貴重な写真がいくつも撮られ、その中でも定点で5分おきに撮影したものを重ねたシンデレラ城前の写真は幻想的な仕上がりとなりました。

次回、関東で観測できるのは300年後の2312年4月。

東京ディズニーランド ~金環日食~|東京ディズニーリゾート・ブログ

生でディズニー越しの「金環日食」を見ることは叶わないので、「オフィシャルフォトグラファー」により撮影された写真を見て我慢しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る