【tdr1462】グーフィーは牛が好き?

ディズニーの中心的キャラクターの一人「グーフィー」

1932年に初登場以来、数々の作品に登場し、ディズニーパークでも大活躍しています。

さて、グーフィーには息子「マックス」がいて、短編作品には奥さんの出演(後ろ姿、手、足)も登場していますが、他のキャラクターに恋をしていたこともあります。

そのキャラクターとは・・・「クララベル・カウ」

1928年公開の短編映画「プレーン・クレイジー」で初登場した牛のキャラクターです。

ミッキーの古い友人であり、ミニー、デイジーの親友、そして馬のキャラクター「ホーレス・ホースカラー」とは初期作品で恋人のように描かれていたこともある間柄のクララベル。そんな牛のキャラクターにグーフィーは恋をしてしまったのです。

恋をした描写が描かれたのはテレビシリーズ「ハウス・オブ・マウス」

作中、グーフィーは彼女に恋をし、彼女の好きそうなネクタイを探しまわっていました。以降、クララベルはグーフィーの相手役となったわけです。

クララベルは現在フリー(ホーレスとは友達)、グーフィーもフリー(現在は基本シングルファーザー)なので、問題はないのですが犬と牛と考えると変な感じもしますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る