【tdr1552】2017年3月ランドに新レストラン「プラズマ・レイズ・ダイナー」がオープン!

2017年3月25日、東京ディズニーランドのトゥモローランドに新レストランがオープンすることが決まりました。

その名も「プラズマ・レイズ・ダイナー」

オープン日が決まり、メニュー内容やバックストーリーなど細かな部分も発表され、注目を集めています。

一体どんな内容になっているのでしょうか。

新レストランは「ライスボウル」専門店!

新レストランはこれまでのランドにはない「ライスボウル」専門店になるとのこと。ライスボウルとは、簡単に言えば「どんぶり」

お米の上におかずが乗った、食べ応え抜群のメニューになるわけですが、一体どんなライスボウルが提供されるのでしょうか。

ライスボウルは現時点で4種類

発表されたプレスリリースによると現時点(2017年2月)で4種。

・エビカツ(ベジタブル、トマトクリームソース)
星型の海老カツに、ヤングコーンやカラフルな野菜の色どりが楽しい一品。

・あられチキン(ベジタブル、肉みそ)
竜田揚げのような、衣にひと工夫されたチキンにカラフルな野菜が添えられた一品。

・ハンバーグ(ベジタブル、玉子)
ハンバーグとゆで卵、カラフルな野菜が添えられたロコモコのような一品。

・ベジタブルカレー(玉子)
ミッキーシェイプのゆで卵と豆類などがトッピングされたカレー。

どれもこれもお腹が満足しそう&可愛い一品となっており、価格はそれぞれ780円とリーズナブル。

スイーツも注目

ライスボウル以外にも押さえておきたいのがスイーツ。

「プラズマ・レイズ・ダイナー」ではデザートに「フライドスウィートポテト(290円)」と「ヨーグルトムースケーキ(380円)」を用意。

ポテトは一見、ファーストフードなどで見られるフライドポテトのような姿ですが、サツマイモを揚げたスイーツになっており、パーク初登場メニュー。

一方のヨーグルトムースケーキは宇宙をイメージした鮮やかなブルーが眩しいスイーツとなっており、インパクト大。ついつい写真を撮りたくなること間違いないメニューになりました。

レストランのバックストーリーは・・・

宇宙全域で展開されているレストラン「プラズマ・レイズ・ダイナー」

オーナーの小柄な宇宙人“プラズマ・レイ”は、意欲的な経営で、時空を超え宇宙のすみずみにまで広がる巨大な料理帝国を築きあげました。

そんな彼が地球初出店の場所に選んだのが東京ディズニーランドです。(プレスリリース抜粋)

「パン・ギャラクティック・ピザ・ポート」同様、宇宙人がオーナーのレストランとのこと。こちらも店内にオーナーが現れそうですね。

食事の選択肢がまた増えるのはゲストにとって嬉しいこと。オープン直後はしばらく混雑しそうですが、オープンする日が待ち遠しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る