【tdr0669】ランプの中は快適空間?ジーニーの住まいは豪邸だった!?

映画「アラジン」に登場するランプの魔人「ジーニー」

魔法のランプをこすった者の願いを3つまで叶えてくれる、夢のような存在ですが、当人からしてみると、なかなか辛い人生ですよね。こすられるまでの間は一人ぼっちでランプの中・・・これは正直耐えられそうにありません。

さて、「ランプの中」と聞くと「狭くて暗くて、何もない」なんて想像をしてしまいがちですが、ジーニーの住むランプの中は意外と快適な住まいになっているのをご存知でしたか?

何年、年十年、何百年住んでいても苦痛でないように・・・という配慮なのか、ランプの中は割と広く作られているのです。

大豪邸ばりの広い廊下にはいくつかの部屋に通じるドア。

バスルームにはジーニーの顔そのものの黄金像が輝き、ベッドルームはキングサイズ以上のふかふかベッドが鎮座。広いキッチンと、一人暮らしには不似合いなダイニングルーム、そしてランプの中なのにガーデンが設備されているという豪邸ぶり。

まさか、あの小さなランプの中にこんな快適空間があるなんて思いませんよね。

しかし、いくら快適な空間があるとはいえ、その中で一人きりで過ごし続けるのはやはり辛いものです。

だからこそ、映画「アラジン」で自由になれたジーニーはあんなに嬉しそうにしてたのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る