【tdr1463】R2-D2は元々おバカキャラだった?驚きのボツ案

小さいのに高機能で、その判断は100%正しいアストロメク・ドロイド「R2-D2」

映画「スター・ウォーズ」シリーズにおけるマスコットキャラクター的存在でもあり、真面目でぶれない、それでいて愛嬌があるキュートなキャラクターですが、ジョージ・ルーカスの構想では“今とは全く違う”キャラクター像でした。

実はR2-D2の性格は真面目ではなく“おバカキャラ”にしようと考えられていました。

その上、“乱暴な口調”で“人間と同じように英語を話す”キャラにしようと考えていたのです。今のR2-D2からは全く想像がつきませんが、作中のC-3POに対する“乱暴な扱い”は、このときの設定が残ったものだとか。

もし構想初期の設定通りだったら・・・、乱暴な言葉遣いのおバカキャラになっていたR2-D2。

それはそれで見てみたい気もしますが、今ほど人気は出なかったことでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る