【tdr0320】あの有名コメディアンがライオン・キングに出演していた!?

1994年に公開され、今でもセルビデオ販売本数世界一を誇るディズニーの長編アニメーション映画「ライオン・キング」

動物たちの王国である「プライド・ランド」を舞台に、誠実で力強い王「ムファサ」の息子「シンバ」が、数々の困難を乗り切り成長する物語ですね。

幼少期のシンバはやんちゃで、なかなかに世話の掛かる仔ライオンでしたが、そんなシンバの面倒を見ていたのが「プライド・ランド」の国王に使えるサイチョウの執事「ザズー」でした。

実はこの「ザズー」、ある有名コメディアンが吹き替えを担当していました。

その有名コメディアンとは「Mr.ビーン」でお馴染みの「ローワン・アトキンソン」

「Mr.ビーン」は殆ど会話をしない作風なので、「ローワン・アトキンソン」の声と言われてもハッキリ思い出せませんよね。そんな彼が声優として、舌を巻くほどに喋るのですから驚いた人もいるのではないでしょうか。

もしかしたら、ザズーの目つきや眉の形が「ローワン・アトキンソン」に似ているから声優として選ばれたのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る