【tdr0123】東京ディズニーランドで「レストラン選び」に迷ったら

東京ディズニーランドは、ムードある建物、素敵な風景、アトラクションに乗ったり、ショーにノッたりはもちろんですが・・・、なんといっても最大の楽しみは「食事」ではないでしょうか。

でも、ディズニーランドのレストランはたくさんあって、行き慣れない人にとっては、あまりにもバリエーションありすぎ。「どれに行けばいいのか、見当もつかない」ということも多いもの。

そこで、2種類のレストランをご提案します。

1.「これだけはもう、ディズニーランドに来ないと!」といいたくなるような、貴重なメニューを提供しているレストラン。

2.ディズニーランドらしく、外は大混雑だというのに、意外とすいていて、外の混雑を忘れ去るほど静かなレストラン。

せっかくのディズニーランドだから、そういうレストランで食事をしたいと思ったことはありませんか?

1はともかく、2については、いくらなんでもムリでは?

そう思われる方も多いかもしれませんが、1も2もご紹介します。

最初は、「これだけはもう、ディズニーランドに来ないと!」といいたくなるような、貴重なメニューを提供しているレストラン

ディズニーランドに来なければ、ぜったいに味わえない楽しみ。

ディズニーランドはもちろん、パーク全体がそういう楽しみにあふれているわけですが、食事に限っていうと、「ミッキーシェイプ」メニューではないでしょうか。

「ミッキーシェイプ」とは、名前のとおり、ミッキーの形をモチーフにした食べ物。

当然、ミッキーシェイプはディズニーランド限定ですが、その中でも「一度は食べてみて!」と言いたくなる、名物メニューをご紹介します

「ミッキーワッフル」

ミッキースマイル全開のワッフル。ワールドバザール「グレートアメリカン・ワッフルカンパニー」にあります。定番中の定番ですが、手軽な価格のせいか人気があり、時間帯によっては意外と混んでいます。

座席数が少なめなので、あまり混んでいない朝のうちに、朝食がわりに食べるのがおすすめです。

わりとボリュームがありますが、ミッキースマイルでお腹をいっぱいにして、「さあ、遊ぶぞ!」と朝のスタートをきるのも気分がいいものです。

屋外のテラス席は広いので、ベビーカーを使っていたり、お子さん連れでゆったりしたい方は、そちらの席がいいかもしれません。

「ミッキーシェイプのパンやデニッシュ」

ワールドバザール「スウィートハート・カフェ」にあります。

持ち歩きにもいいし、価格も手ごろなのが嬉しいところ。味のバリエーションが多くて魅力的、パン好きには感涙ものです。お店の名前は「恋人のように仲良しの夫婦が経営するお店」という意味だそうで、その上、パンとスイーツのお店というのでは・・・

いろいろな意味で「ごちそうさま」のお店です。

衝撃!「ミッキーのゆでたまご」

トゥモローランド「プラザレストラン」にあります。

ご飯ものメニューが多いし、価格も抑え目なので、甘いものばかり食べ歩いて、ちゃんとお米の食事をしなくちゃと思ったときに便利なレストランです。

誰でもそう思うらしくて、いつも混雑してる人気のお店ですが、このプラザレストランのミッキーシェイプメニューを初めて見た人は、皆驚きます。

すべてのメニューではないのですが、冷やしうどんや焼肉ナムルボウルなどに、黄身がミッキーの形をした「ゆでたまご」がのっているのです。白身はふつうに卵の形なのに、中の黄色い部分はしっかりミッキーシェイプ。何度見ても、どうやればこうなるのか判りません。作り方は企業秘密らしいです。

ミッキーゆでたまごを提供しているお店はもうひとつあり、センターストリート・コーヒーハウスです。

このお店の「ハンバーグステーキデミグラスソース」でも、ミッキーシェイプのゆでたまごが出てきます。

「1」は以上です。ムリと思われがちな「2」に行きます。

お次は、ディズニーランドらしく、外は大混雑だというのに、意外とすいていて、外の混雑を忘れ去るほど静かなレストラン

ディズニーランドは混雑なしには語れません。

週末や連休などの繁忙期となるとアトラクションはもちろん、レストランも長蛇の列・・・。

レストランは混んでいるからと、テイクアウトを食べ歩きも楽しいのですが、一日中遊び歩くのですから・・・三度の食事くらいは、ゆっくり座りたいもの。

こういう時に便利なのが「場所が判りにくいレストラン」です。

判りにくいといっては、お店に申し訳ないかもしれないのですが、なにしろディズニーランドには数え切れないほどのレストランがあります。

何度もディズニーランドに来たことがあり、マップなしでもほぼ困らない。そういう人でないと見つけにくいレストランも、中にはあるのです。

たとえばウエスタンランドの「ラッキーナゲット・カフェ」

ここはどんなにゲストがいっぱいで大混雑の日でも、意外とすいています。しかも価格がリースナズル。

マークトウェイン号の乗り場を通り過ぎて、左へ進んだ先にあります。

お店の場所は少々判りにくいのですが、アメリカ河沿いにあるため、席によっては、マークトウェイン号がすぐ横を通過していく姿が見られて素敵です。特に夜景は絵に描いたような風景になります。

店内はカントリー音楽が流れていて、聞こえるのは水音や鳥の声。とても静かで、落ち着いて食事ができる大人な感じのレストランです。

子ども連れで来る人もいますが、川を通過するマークトウェイン号に気を取られて、あまり歩き回ったり騒いだりしないので、それも助かるところ。

ご両親もお子さんが静かにしてくれて、食事しやすいかもしれません。

それと、クリッターカントリーの「グランマ・サラのキッチン」。

スプラッシュマウンテンの列が伸びる坂道にあります。列に隠れて、レストランの入り口が見つけにくいかもしれません。もともと混雑が少ないお店ですが、夕方から夜にかけて、ライトアップが始まるころが一番すいているようです。

洞窟の中をイメージしたレストランなので、ムードたっぷり。座席数が多いだけでなく、それぞれの席のスペースがゆったりしているのもいいところです。

それと、意外なところでは、トゥーンタウンの「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」。すいているレストランの1つに挙げてしまいましたが、実は、このレストランはトゥーンタウンのメインです。

それがすいてるなんておかしい、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このレストランがすいてくるのは「夜」なのです。

トゥーンタウンは、シンデレラ城の裏側にあります。

パレード終了後、ほとんどのゲストがナイトエンターテイメント「ワンスアポンアタイム」を鑑賞するためにシンデレラ城方向へ行ってしまいます。そこで、それと反対側にあるグッドタイム・カフェは、人が少なくなるのです。

静かな夜のディズニーランドで、ゆったりとディナーを楽しむのに、もっともおすすめしたいレストランの一つです。

それに、ドナルドファンにはぜひとも食事してもらいたいレストランです。店名のとおり、メニューにドナルドモチーフがあふれています。ファンにはたまらないことでしょう。

2014年7月1日からリニューアルオープンし、新メニューもいっぱい。以前の完全屋外型から、大きな屋根が新設されて、より快適なレストランになりました。

以上が「2」ですが、いかがでしょうか。

ディズニーランドには、ありとあらゆるタイプのレストランがそろっています。「都会の喧騒を離れて」ならぬ「ゲストの大混雑を離れて」静かにゆったりと過ごせるレストランがいくつもあるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る