【tdr1235】オープン当初は開園30分前にインパークできた?

突然ですが、東京ディズニーランドがオープンした1983年当初、ゲストは開園30分前からインパークすることが出来た・・・というのはご存じでしょうか?

2016年現在では似たようなサービスとして、ディズニーホテル宿泊者を対象にした「ハッピー15エントリー」という“開園より15分早くインパークできる(場所の限定はない)”特典がありますが、オープン当初はワールドバザールまでに限って“誰もがインパークすること”が出来たのです。

一体何故、ワールドバザール限定で30分前インパークが許されていたのでしょうか?

オープン当初、ワールドバザールにはたくさんのディズニーキャラクターがゲストを迎えに現れていました。そこでゲスト達は開園までの30分間、グリーティングをしっかり楽しみ、開演時間後はアトラクション等を楽しむ・・・というスタイルをとっていたのです。

ディズニーキャラクター達と触れ合いたいゲストにとっては嬉しいサービスとして好評でした。

しかし、いつの間にやら30分前インパーク制度は消滅、現在のようにディズニーホテル宿泊者以外は開園時間通りのインパークとなりました。

今後、30分前インパークが復活することは考えられませんが、今となっては羨ましい限りですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る