【tdr0762】いつが狙い目?ディズニーリゾートが空いている時期とは

いつも人で賑わう東京ディズニーリゾート。でも、折角遊びに行くなら、混雑している日ではなく、のんびりと満喫できる空いている日を狙いたいものですよね。

週末は当然のように混雑していますから、狙うなら週の真ん中にあたる「水曜日」・・・と言いたいところですが、それもイベント時期によって混雑具合が異なります。

では、いったい、どの時期が一番空いているのでしょうか?

東京ディズニーランド・シー共に狙い目は「1月6日~2月下旬(成人式・バレンタインデーを除く)」

冬休みが終わる頃であり、毎年恒例のお正月イベントが終わった後で集客が落ち着くため、年間を通して一番空いている時期と言われています。

「混雑は嫌でも、この時期は遊びに行けない」という方は下記をご参考にしてください。

『ディズニーパーク年間混雑レベル(★5段階評価)』

1月1日~5日:混雑レベル★★★
・お正月のプログラム
・入場制限が掛けられそうになるほどの混雑が予想されます。

1月6日~2月下旬:混雑レベル★
・冬休み終了につき、成人の日とバレンタインデー以外はガラ空きです。

2月下旬~4月上旬:混雑レベル★★★★
・4月上旬「ディズニーイースター」スタート
・学生が春休みに入り、混雑に影響します。

4月上旬~ゴールデンウィーク前:混雑レベル★★★
・ディズニーイースター
・ゴールデンウィーク前のため、連休中よりは混雑していません。
・ただし、4月15日はディズニーランド開園日なので、混雑傾向にあり。

ゴールデンウィーク:混雑レベル★★★★
・殆どの人が大型連休に突入するため、入場制限が掛けられるほど混雑します。
・それでも狙うなら、ゴールデンウィーク最終日へ・・・

ゴールデンウィーク後~7月上旬:混雑レベル★★
・ディズニー七夕デイズ
・6月は祝日がなく、梅雨による天候不良が多いため空いている傾向にあり。

7月中旬~9月上旬:混雑レベル★★★★
・ディズニー夏祭り
・学生が夏休みに、社会人もお盆休みへと突入し、混雑します。

9月中旬~9月下旬:混雑レベル★★
・夏休み、お盆休みが終わり、一時的に集客が落ち着きます。

10月上旬~10月下旬:混雑レベル★★★★★
・ディズニー・ハロウィーン
・この時期に集中する「県民パスポート」の影響
(東京都民の日10月1日、群馬県民の日10月28日、茨城県民の日11月13日、埼玉県民の日11月14日、山梨県民の日11月20日・・・と、関東圏内で「県民の日」が続き、それに合わせて「県民パスポート」が発券されるため)
・特に土曜日は入場制限の危険があり。

11月上旬:混雑レベル★
・「ディズニー・ハロウィーン」が終わり、次のクリスマスイベントに切り替わる数日間はガラ空きになります。

11月中旬~11月下旬:混雑レベル★★★
・クリスマスイベントがスタート
・イベントが始まり、混雑し始めます。

12月上旬~12月31日:混雑レベル★★★★★
・クリスマスイベントが佳境になり、混雑します。(当然ながら、クリスマス当日やクリスマスイヴは大混雑)
・大晦日にはカウントダウンイベントもあり、入場制限確実です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る