【tdr1674】ミッキーの家には頭痛薬と胃薬が常備されている・・・?

東京ディズニーランドでミッキーと会えるアトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」

ディズニーきってのスーパースターのグリーティング施設ということもあり、連日混雑している人気のアトラクションです。

ミッキーの家の中はミッキーに関係のあるプロップスが並び、あちらこちらに隠れミッキーなどのお楽しみが沢山。

見ごたえ抜群の施設になっており、楽しげな生活ぶりを体感することが出来るのですが・・・。

楽しさからは一転、ミッキーの苦労がうかがえる演出もしっかり用意されています。

それがあるのはミッキーマウスに合うことが出来る部屋の手前。ここにフィルムの編集台があるのですが、その上部の棚に注目してください。

なんとここに、頭痛薬と胃薬が置かれているのです。

パッと見ただけでは解らないと思うのですが、棚の右端に「ASPIRIN(アスピリン)」と書かれた透明な瓶が置いてあります。

アスピリンは解熱鎮痛作用があり、主に頭痛や関節痛などに用いられる薬です。

そして棚の中央にある「Pepto Bismouse(ペプトビスマウス)」は実在するアメリカの胃薬「Pepto Bismol(ペプトビスモル)」のオマージュ。

ペプトビスモルは強烈なピンクのパッケージがトレードマークのアメリカではポピュラーな胃薬。

つまり、オマージュしたペプトビスマウスも胃薬というわけです。

フィルムの編集作業は我々が思う以上に辛い作業なのでしょう。胃薬を飲み、頭痛薬を飲み、編集作業に励んでいる・・・。

ここで作業しているのがミッキーかどうかはわかりませんが、相当な苦労をしていることが解る演出ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る