【tdr1276】ディズニーの子供向け作品から喫煙シーンが消える!?

1276

2015年3月12日(現地時間)、サンフランシスコで開かれたディズニーの年次株主総会の質疑応答時に、ウォルト・ディズニー・スタジオの会長兼CEOボブ・アイガー氏は「ディズニーの子供向け映画に喫煙シーンを入れることを禁止する」と発言し、多くの反響を呼びました。

アイガー氏の発言によれば、ディズニーは勿論、傘下のマーベル・スタジオ、ルーカスフィルム、ピクサー・アニメーション・スタジオの全ての映画で、喫煙シーンを禁止する、とのこと。

とはいえ、問答無用で排除するわけではなく、喫煙家として知られるエイブラハム・リンカーンのように“歴史上の人物に関するものの作品”はOK。

しかし、PG-13指定(13歳未満の鑑賞に保護者の強い同意が必要)、それ以下の指定がある作品すべてが対象となり、ほとんどの作品で喫煙シーンが排除されることとなりました。

ちなみに、過去のディズニー作品の中には喫煙シーンが含まれるものがあります。

以下、代表的な作品を例に挙げると・・・

○アラジン
ジーニー(煙草)

○ダンボ
カラス(葉巻)

○101匹わんちゃん
ロジャー・ラドクリフ(パイプ)
クルエラ・デ・ビル(紙煙草を挿したパイプ)

○ピーター・パン
フック船長(パイプ)
酋長(パイプ)

○ピノキオ
ピノキオ(葉巻)

○ふしぎの国のアリス
イモムシ(水煙草)

○リトル・マーメイド
アリエル(パイプ)   など

ディズニーの名作の中にも喫煙シーンが普通に入っていることが解ります。

今後、こうした喫煙シーンは見られないとは・・・キャラクターや物語によってはOKな気もしますが、アメリカでは日本以上に禁煙に対する動きが激しいようですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る