【tdr0892】「バズ・ライトイヤー」の名前の由来とは

ピクサーを代表する作品「トイ・ストーリー」に登場する、メインキャラクターの「バズ・ライトイヤー」

「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」が決め台詞の、スペース・レンジャーの玩具で、その姿は宇宙飛行士そのものです。

さて、設定も見た目も宇宙をテーマにした玩具の「バズ・ライトイヤー」ですが、実は名前も宇宙に関係しているのをご存知ですか?

実は「バズ・ライトイヤー(Buzz Lightyear)」の、「Light year」は天文学で用いられる距離単位「光年」を意味し、「バズ」はアメリカの宇宙飛行士「エドウィン・オルドリン」に由来しています。

「エドウィン・オルドリン」は生誕時(1930年)、「エドウィン・ユージン・オルドリン・ジュニア」という名前だったのですが、本人は子供のころから「バズ・オルドリン」と名乗り、署名や私文書、公文書を問わず、全ての場面で一貫して「Buzz Aldrin」とサインしていたのです。

このため、1988年には通名であった「エドウィン・ユージン・“バズ”・オルドリン」を法的に正式名と改めました。

そして、この「バズ」をとって、「バズ・ライトイヤー」という名前が生まれたのです。

因みにエドウィンが「バズ」と名乗るようになったのは、彼の姉の滑舌が悪かったことが始まりだそうです。

姉が言う「ブラザー(brother)」が「ブザー(buzzer)」としか聞こえず、それがからかい半分で繰り返されているうちに短縮されて「バズ(Buzz)」となり、エドウィンのあだ名となって定着してしまったとか。

あだ名を正式名にするほど、バズに愛着があったのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る