【tdr1329】本家「イッツ・ア・スモールワールド」にはディズニーキャラクターが登場する!?

1329

アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイム市、ここに世界初のディズニーパーク「ディズニーランド」が存在します。

オープンしたのは1955年7月17日。

60年以上もの間、進化し続けながらショーやアトラクションでゲストを楽しませてきました。

さて、ディズニーランドには定番かつ魅力的なアトラクションは沢山あります。「イッツ・ア・スモールワールド」もそのうちの1つ。ディズニーランドオープンから11年後の1966年5月28日にオープンし、2016年で50周年を迎えました。

そんな歴史ある当アトラクション、実は東京の物とはかなり異なっているのです。

「イッツ・ア・スモールワールド」といえば、世界各国の特徴を捉えた小さな人形たちが、「小さな世界」の曲に合わせてゲストを迎える、可愛らしいアトラクション。

どの国の人形も特徴を捉えていて愛らしいのですが、アナハイムの同アトラクションは小さな人形以外にも可愛らしいものがゲストを出迎えてくれます。

その小さな人形以外の可愛らしいものとは・・・「ディズニーキャラクター」

なんとアナハイム版では、アトラクション中にディズニーキャラクターが“ワンサカ”登場するのです。

以下、登場するキャラクターを抜粋。

アリス、白ウサギ(ふしぎの国のアリス)
シンデレラ、ジャック、ガス(シンデレラ)
ピノキオ(ピノキオ)
アラジン、ジャスミン、魔法の絨毯、アブー(アラジン)
ムーラン、ムーシュー(ムーラン)
シンバ、プンバァ、ティモン(ライオン・キング)
アリエル、フランダー(リトル・マーメイド)
マーリン、ドリー(ファインディング・ニモ)
リロ、スティッチ(リロ&スティッチ)
ウッディ、ジェシー、ブルズアイ(トイ・ストーリー)

など

上記のほか、沢山のディズニーキャラクターが小さな人形とともに出迎えてくれます。

お馴染みのキャラクターたちが、可愛らしい人形姿になって登場するのは他では見られない演出。

是非、東京ディズニーランドのアトラクションでも導入して欲しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る