【tdr0769】海外からも意外と来ている?東京ディズニーリゾートの地域別来園者数とその比率

平日、休日問わず、多くのゲストで賑わう東京ディズニーリゾート。

ランドとシーの2パーク制になってから、更に多くのゲストが訪れるようになり、その人気は衰えることを知りません。

しかも30周年を迎えた2013年以降から来園者数は更に増え、2パークを合算した人数が3,000万人以上になるのが当たり前になりました。

さて、それだけの多くのゲストが訪れる東京ディズニーリゾートですが、ゲストを地域別に分けてみたとき、一体どんな比率になっているのでしょうか?

【年度】【来園者数】            【地域別来園者】
(2パーク合算)  関東  中部・甲信越  近畿   東北  他国内  海外
2010年 25,366,000人  66.4%   11.9%   7.6%  3.6%  7.2%  3.3%
2011年 25,347,000人  70.2%   11.2%   6.8%  4.1%  6.4%  1.3%
2012年 27,503,000人  67.5%   11.1%   7.3%  4.2%  7.3%  2.6%
2013年 31,298,000人  64.6%   11.6%   7.6%  4.0%  8.3%  3.9%
2014年 31,377,000人  66.2%   11.0%   7.0%  3.8%  7.0%  5.0%

やはり、関東からのゲストが圧倒的に多いですね。

海外ゲスト以外は来園者数が増えても、大して変動はないようです。

一方で海外ゲストの比率は原発事故のあった2011年に落ち込み、東京ディズニーランド30周年を迎えた2013年に回復、過去最多来園者数を記録した2014年には過去最高の5%まで増加しました。

5%というと大したことの無いように思えますが、実際に2014年の来園者数で計算すると「1,568,850人」と結構な人数だということが分かります。

世界各国から年間150万人以上の外国人が訪れているなんて驚きですよね。

今後、この比率がどうなっていくのか・・・注目ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る