【tdr0735】ウォルトを支えた妻との意外な出会いとは?

数々の作品と人気キャラクターを生み出し、万人が安心して楽しむことができるテーマパークを作った、ディズニーの創始者「ウォルト・ディズニー」

彼の活動により、エンターテイメント界は大きな衝撃と躍進を遂げてきました。

常に多忙なウォルトでしたが、彼には優秀な社員は勿論、愛する家族の支えがありました。特に誰よりも近くでウォルトを支えていたのが、妻の「リリアン・マリー・ディズニー(旧姓:バウンズ)」

ウォルトよりも2歳年上の、スタイリッシュな女性です。

多忙だったウォルトはいかにして、自分を支えてくれる良妻のリリアンと出会ったのでしょうか?

出会ったのは、なんと「ウォルト・ディズニー・スタジオ」内。リリアンはスタジオの部署「インク&ペイント」の秘書として働いていました。

そこでウォルトと出会い、生涯を添い遂げる伴侶として結ばれたのです。

そして1925年に結婚。

1933年に長女ダイアンが誕生し、3年後の1936年に次女シャロンが生まれ、ウォルトとリリアンは幸せな家庭を築くことが出来たのでした。

それにしても、あのウォルト・ディズニーが社内恋愛で結婚したなんて、少し意外ですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る