【tdr0787】ディズニーランド建設時に銀座に現れた巨大な○○とは・・・?

東京ディズニーランドの本格的な建設工事が始まった1981年1月。

まだ見ぬ夢の国誕生へ向けて、大きな期待が寄せられていたころ、舞浜には多くのトラックや牽引車が建設に必要な資材を届けていました。

そんな中、アトラクションで使用するための“巨大なあるもの”が舞浜に向かうべく銀座を走行し、道行く人を驚かせました。

そのあるものというのが・・・“恐竜”。

大昔に滅んだ恐竜が銀座の街並みに登場するという、なんともミスマッチな事態になったのです。牽引車で引かれているとはいえ、その光景は異様なものとなりました。

ちなみに、この恐竜は「ウエスタンリバー鉄道」で使用するために運ばれた物で、西部開拓時代からタイムスリップした先の“太古の世界”に配置されました。

あの場所にいる恐竜が、30年以上前に銀座を通ったと思うと、なんだか不思議な感じがしますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る