【tdr0147】「ホーンテッドマンション」で唯一生きている人間

東京ディズニーランドにある「ホーンテッドマンション」はディズニーパークきってのホラー系ライドアトラクションです。999人の亡霊が住み着いている屋敷が舞台となっており、訪れるゲストを1000人目の仲間にしようと日々幽霊たちが狙っています。

さて、そんな不気味な屋敷にいながら、唯一生きている人間がいます。それは屋敷の裏手にある墓地を管理している初老の男性。帽子をかぶり、右手にランプを持っているのが特徴で、傍らにはペットと思わしき犬もいます。

ただでさえ999人もの幽霊が住まう屋敷であるのに、その敷地内の墓地を管理しなければならないとは・・・。

幽霊が得意というわけではないようで、幽霊に怯えながら管理を続けているようです。

「そこまでして何故、管理を続けているのか」という疑問もありますが一番の疑問は、「何故幽霊たちは彼を1000人目に迎え入れようとしないのか」ということ。自分たちの墓地を管理しているから感謝しているのでしょうか?

早く彼がこの屋敷から解放されることを願うばかりです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る