【tdr0148】雨降りの日こそ、東京ディズニーランドへ!

雨の日の東京ディズニーランドは、スペシャルでいっぱい。

今日しか行けないのに、雨だなんて・・・という日も、けっしてがっかりしないでください。

東京ディズニーランドには、雨の日でなければ見られないもの、乗れないもの、雨の日限定のスペシャルグッズもあるのです!

1.雨だと屋外アトラクションがすいています!

暴風雨とか、極端な悪天候ならともかく、普通の雨ならアトラクションは動いています。

しかも、すいている!

晴天だと数時間待ちのアトラクションが、雨だとぐっと待ち時間が減ります。乗りたかったアトラクションに、すぐ乗ることができるのです。

2.「雨の日限定」のグッズやパレードがあります!

ポンチョや傘・カッパなどは、すべて「雨の日限定」です。雨が降らない日は、販売されません。

3.雨の日はパレードも「雨の日限定仕様」です!

雨で夜のパレードが中止になった場合のみ出現する「ナイトフォール・グロウ」というパレードがあります。

大きな傘のついたフロート、屋根のあるフロートに乗ってミッキーたちがパレードをします。雨の日しか行わないので、なかなか見ることができない、スペシャルなパレードです。また、これも雨の日限定ですが、キャラクターグリーティングが整列なしで行われることも・・・。

4.雨の日だと混みやすい場所は、屋根があるワールドバザールのエリア

特にレストランなどは、晴天の日より混みやすいかもしれません。予約しておいたほうが無難でしょう。

5.雨の日に用意していくといいもの

雨の日は、ポンチョやレインコートが必須です。アトラクションは傘を持って乗れませんが、ポンチョなどでしたらOK。

念のためタオル類や着替え、替えの靴下もあると快適にすごせるでしょう。

6.雨の日は、水にまつわるアトラクションへ

雨の日は、濡れるのを心配しながら歩くより、いっそ、水をかぶっちゃおうという人にお勧めのアトラクションを、いくつかご紹介します。

「ビーバーブラザーズのカヌー体験」は、東京ディズニーランド唯一の人力アトラクション。いつもは濡れるのが気になるからと足が遠のくアトラクションですが、雨の日にあえてチャレンジするのはいかがでしょうか。

「ダンボ」はお子さんに大人気の屋外型アトラクション。普段は意外と待ち時間が長いもの。屋外型は、雨の日は待ち時間が少ないと予想されるので、チャンスかもしれません。

また、雨の日だからこそ「スプラッシュマウンテン」はいかがでしょうか。いつもは大混雑ですが、水関係のアトラクションに、雨の日に乗ろうという人は少ないかも・・・。エンディングでは雨の日ならではの景色を見ることができることでしょう。

7.雨宿りで楽しめるアトラクションもあります。

「魅惑のチキルーム」はスティッチたちが歌って踊ってくれる、完全に屋内型のアトラクションです。座ってゆっくりできるし、待ち時間も少なめです。待合室にトイレもあって、休憩に便利です。

「カントリーベア・シアター」は、18頭の熊の音楽団「カントリー・ベア・バンド」が演奏会をするというアトラクション。こちらも椅子に座れますし、美しい音楽に耳を傾けながら、ゆっくりすごすことができます。

このように、雨の日の東京ディズニーランドは、スペシャルでいっぱい。たまたま、そういう日に行ってみた人の多くが「次回もまた雨だったらいいのに」と期待するほどだそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る