【tdr0572】パートナーズ像がイメチェン?スーツの上から身に着けた衣装とは

東京ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」

その前にある広場にディズニーの創始者「ウォルト・ディズニー」とウォルトが生んだ人気者「ミッキーマウス」が手をつないでいるブロンズ(青銅)製の「パートナーズ像」が飾られています。

お互いが信頼し、手を取り合って共に歩んでいこうとしているように見える、ディズニーを象徴しているブロンズ像ですが、その外見がガラリと変わったことがありました。

大胆なイメチェンが行われたのは2007年4月10日から7月19日にかけて開催された「リロ&スティッチのフリフリ大運動~Find Stitch!~」でのこと。

パーク内はハワイアンな雰囲気で大盛り上がり。

それに合わせて、パートナーズ像のウォルトとミッキーもフラ衣装にチェンジし、頭にはハク(草の髪飾り)、首には鮮やかな花でできたレイ(首飾り)、そして腰にはラフィアスカート(腰みの)を身に着け、ハワイアンムードを盛り上げていました。

パートナーズ像のウォルトはスーツの上からフラ衣装を身に着けているため、何だか違和感がありますが、ミッキーの方は上半身裸ですから、ラフィアスカートがとてもよく似合っていますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る