【tdr0311】「はい、チーズ」に代わる東京ディズニーリゾートならではの掛け声とは?

皆さんは写真を撮るときにどのような掛け声を使用しますか?

やはり、王道の「はい、チーズ」でしょうか。それとも「1足す1は2」でしょうか。どちらも広く一般的に使われる掛け声ですが、東京ディズニーリゾートではこれらの掛け声は使われません。

一体どんな掛け声を使用するのか、というと・・・「笑ってミッキー」もしくは「はい、ミニー」です。

どちらも語尾の母音が「い」になりますね。それにより口角が上がって笑顔を作れる、というわけです。「1足す1は2」という掛け声も語尾の母音は「い」ですから、理屈は一緒。ただ、あまり馴染みのない掛け声だと戸惑ってしまって、笑うタイミングを逃しそうですよね。

ちなみに、「はい、チーズ」は語尾が「う」になりますが、もとは「Cheese」という英語発音が由来で、その口元が「自然な笑顔」に見えるから掛け声として使われ始めたそうです。そして、それを日本人が日本語発音で使い、1963年にテレビ放送された雪印乳業のCMにより、瞬く間に普及しました。

それにしても、笑顔の写真のために掛け声を考えるという発想は素晴らしいですよね。

特に「はい、チーズ」を最初に考えた人はきっとここまで広まり、貢献するとは思ってもいなかったでしょう。

「笑ってミッキー」と「はい、ミニー」は東京ディズニーリゾート内で使用されているとは言え、まだまだ一般的ではありません。第2の「はい、チーズ」を目指して、一般に広く普及されるといいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る