【tdr0169】真夏の東京ディズニーランドにて、お子さんの体調管理で気をつけたいこと・・・

2014年の東京ディズニーランドのテーマは「和」だそうで、夏祭り気分でいっぱい。

でも、夏の東京ディズニーランドに行くときに気にかかるのは、混雑よりも暑さ。小さなお子さんは自分で暑さ対策や、体調管理ができません。暑さを上手にしのぎながら、お子さんと楽しくディズニーランドで過ごす順番を考えてみました。

まずは、朝8時ごろの涼しいうちに入園して「おんどこどん!」に行くのがお勧めです。

今年の夏初めて『ディズニー夏祭り』に登場した「おんどこどん!」は、ミッキーとその仲間達が自ら和太鼓を叩き、夏祭りを開催してくれます。お子さんがミッキーたちと身近にふれあえる、この夏一番のお勧めのプログラム。

公演開始は9時半ですが、先着順なので、オープンと同時に入園したいものです。できれば開園1時間くらいには並んでおきましょう。朝とはいえ、1時間半くらい待つことになるので、日傘や帽子は必須です。水分補給もしっかり準備して、熱中症に気をつけてください。

「雅涼群舞」も『ディズニー夏祭り』に新登場したプログラムです。こちらも先着順なので、シンデレラ城前へ急いで向かう人が非常に多いことでしょう。行く方向が全く違うので、間違えることはまずないと思いますが、お子さんとはぐれたりしないように注意してください。

その後、昼食の時間までは、お目当てのファストパスを発券したり、アトラクションを楽しんで過ごしましょう。

午前10時ごろに「雅涼群舞」の公演が始まります。

次回以降の公演があるのですが、それを真夏の炎天下で長時間待ち続けるのは、お子さんの体調を考えると難しいところです。雅絢爛と涼舞疾風の2つのフロートが、パレードルートを移動してくるし、どちらのフロートもわりと高さがあるので、鑑賞エリアに入れなくても見られます。そちらをさらりと鑑賞する程度にとどめたほうがよいかもしれません。

お子さん連れで「雅涼群舞」を見たいときは、お子さんの体調を優先して日を改めるか、ディズニーホテル宿泊についてくる特典を利用したほうがよさそうです。

また、このころ(午前中)にお土産などの買い物をすませて、コインロッカーに預けてしまうのがお勧めです。

『ディズニー夏祭り』限定グッズは約60種類、ディズニーランドとディズニーシー共通の夏限定グッズは約20種類あります。持ち帰るお土産が決まれば、帰るまでずっと遊びに集中できますし、帰るときもコインロッカーに立ち寄るだけで、さっと帰れます。

これが夕方だと、お土産を買って帰宅するゲストでショップがいっぱいになります。お子さんたちも遊び疲れていて、買い物どころではなくなることでしょう。

お昼になったら、暑さを忘れて、冷房が効いた屋内レストランで過ごしたいものです。『ディズニー夏祭り』限定グルメも楽しめます。

夏祭りの定番「スペシャル膳」が好評の「れすとらん北斎」がお勧めです。ディズニーランドで和食?と思われそうですが、夏らしいメニューが並んで、美味しさも格別。「祭りちらし寿司」、「寄せ湯葉豆腐」、「檸檬(れもん)ゼリーのあんず飴」に、夏祭り限定のおしゃれなスーベニア箸がついてきます。

また「れすとらん北斎」には上品で可愛らしい低アレルゲンメニューがあります。

ディズニーランドには食品アレルギー対応のレストランがたくさんあるので、公式サイトでチェックしてから出かけると安心でしょう。

14時から15時ごろの暑さのピークになってくると、お子さんたちも疲れてきます。

そういうとき、冷たく美味しいシェイブアイスを食べれば、いっぺんに機嫌がなおることでしょう。

シェイブアイスは、パーク内の各地で十種類以上が販売されています。チェリーやパッションフルーツなどのシンプルなものから、ソフトクリーム、レモンゼリー、ミックスベリーをミックスしたものまで。フルーツ味だけでなく、抹茶やレモンティーなどもあります。

味によっては、夏祭り限定デザインのスーベニアカップを選ぶこともできます。

また、ミストや水が飛び出すクールスポットが、パーク内に五ヶ所あります。シンプルな仕掛けですが、暑い日には快適なものですし、お子さんも大喜びです。

16時くらいには、お子さんだけでなく、親のほうも歩き疲れてきます。真夏のパークを歩き続けると、意外と疲れるのが早いもの。こういうとき、ちょうどよい休憩場所になるのが、東京ディズニーランドホテル。いったんパークから出て、そちらへ向かってください。

高い吹き抜けが気持ちよいドリーマーズラウンジがあります。

ここは、ホテルのチェックイン時間である15時前後は混んでいますが、それ以外の時間帯だと(パークがかなり混んでいても)すいていることが多いのです。

ディズニーホテル随一と言われる高さの吹き抜けを眺めながら、座り心地のよい椅子でのんびりと休めますし、17時ごろなら「ディズニー夏祭りアフタヌーンティーセット」を提供しています。

サンドウィッチ&オードブル、スコーン、デザートのセット、プレートに金魚が泳いでいたりと、見た目にも楽しめます。

また「アナと雪の女王」をテーマに作られたスペシャルノンアルコールカクテル・オラフも提供されています。フレッシュパイナップル、パイナップルシロップ、パッションフルーツシロップ、ココナッツシロップをミックスしたフローズンドリンクです。

つまりココナッツの風味のトロピカルシェイクなのですが、デコレーションにインパクトがあって、アナ雪好きなお子さんだけでなく、大人も大喜び。大人気のカクテルだそうです。

美味しいスイーツやドリンクを楽しみながら体を休めて、日が暮れて涼しくなったらパークに戻るか、ホテルに戻ってくつろぐか、家族同士で相談もできます。

暑さとお子さんの体調に気をつけながら、夏祭り気分いっぱいの東京ディズニーランドをお楽しみください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る