【tdr1079】赤ちゃん時代のウォルトが超カワイイ

1901年12月5日に誕生したウォルト・ディズニー。

アニメ業界に数々の革命を起こし、1955年7月17日には53歳でディズニーランドをオープン。1966年12月15日に65歳でこの世を去るまで、多くの作品とエンターテイメントを残し、多くの人を笑顔にしました。

さて、そんな数々の偉業を成し遂げたウォルト・ディズニーと言えば、オールバックにしたヘアスタイルに、整えられた口髭姿が印象的ですよね。

しかし、誰しもがかつては赤ん坊だったように、ウォルトにも赤ん坊時代があり・・・

その当時の写真が公開され、大きな反響を呼びました。

一体どのような写真だったのでしょうか?

公開された写真は1902年に撮影された、ウォルトが1歳頃のもの。

白黒写真には、豪華な装飾がされた椅子に座る、赤子にしては端正な顔立ちの男の子がずっしりと構えるように座っています。

白いレースのついた召し物を着、カメラを見るその表情は赤子特有の幼さがあり、とても可愛らしく、当時彼を見たものは一様に可愛がったであろうことが想像できます。

6人兄弟の4子目として生まれたウォルト。

きっと親からも兄弟からも愛されて育ったのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る