【tdr0512】辰年には何が描かれた?

0512

ディズニーにはたくさんのキャラクターが存在しています。

ミッキーマウスをはじめ、ミニーマウスに、ドナルドダックなどの主要キャラクターから、主役ではないけれど脇を固める個性的なキャラクターに、物語にアクセントをつけるヴィランズ(敵役)など、長い歴史の中で多くのキャラクターを排出してきました。

特に、動物のキャラクターは豊富ですよね。

さて、年が明けると、一部の動物キャラクターたちに出番がやってきます。

それは年賀状などに描かれる「干支」

子年ならディズニーを代表するミッキーマウス、ミニーマウスが勤めあげますし、寅年ならティガー、戌年にはプルートなどのように、干支と同じ動物のキャラクターが代表して干支を演じ、イラストやグッズなどになります。

では、干支の中で唯一動物でない辰年は一体誰が選ばれたのでしょうか・・・?

2012年、辰年のメインキャラクターを演じたのは、映画「ムーラン」に登場した赤竜「ムーシュー(木須)」

主人公であるムーランと共に旅をした、茶目っ気いっぱいの小さいドラゴンです。喜怒哀楽の表情が豊かで、作中ではムードメーカー的な存在でした。

「ムーラン」自体はあまりメジャーな作品ではないため、「ムーシュー」の存在もあまり知られてはいませんが、それでも干支に選ばれたのですから、一定の需要はあったのかも・・・しれませんね。

ちなみに「ムーシュー」が描かれた干支のイラストには、「あけましておめでとうございムーシュー」という駄洒落が添えられていました。

ディズニーの駄洒落に、ムーシューのイラストとは、なかなか貴重ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る