【tdr0627】ディズニーシーの「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」を10倍楽しむ方法

毎年9月から始まるディズニーリゾートのハロウィン。

ディズニーランドで行われるハロウィンパレードに、ディズニーシーで行われる「ニューヨーク・ハロウィン・フォリーズ」が有名ですよね。

これらと比べると規模が少し小さくはなるものの、にぎやかで楽しいハロウィンショー「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」をご存知でしょうか?

ゲストと仲良くなりたいスケルトンがたくさん登場し、ディズニーキャラクターも勢ぞろいするこのショーについて、紹介したいと思います。

「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」は、人間と仲良くなりたいスケルトン達が主役のショーで、ディズニーキャラクターの助けを借りながらゲストとスケルトンが仲良くなっていく、というストーリーです。

なかなか上手にゲストにコミュニケーションを取れないスケルトン達のコミカルな動きにも要注目。

ショーというと音楽に合わせたダンスが主な演出となるものですが、このショーは一風変わった雰囲気が特徴です。

テーマが「友達」であるからこその演出として、クイズや「だるまさんが転んだ」などの遊びが取り入れられており、子供も楽しめます。

ショーが始まると、まずスケルトンが舞台の準備を行い、たくさんのスケルトン達がダンスでゲストとのコミニュケーションを取ろうとします。

しかし言葉が通じないためにうまくコミニュケーションが取れず、スケルトン達はあたふたとしてしまいます。そこに現れたミッキーをはじめとするディズニーキャラクターと一緒に、クイズや「だるまさんが転んだ」をする、というわけです。

ディズニーキャラクターを交えてさまざまな遊びをしていく中で、スケルトン達とゲスト達とのコミニュケーションが生まれてきます。

この「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」はリドアイルで開催されますが、リドアイルは収容人数が少ない上、会場内をフルに使うため座席数はさらに少なくなっています。

ショーの演出でキャラクターが会場内をまわったり、手をつないで踊ったりするシーンがあるのです。そのため、入場制限が早く、見やすい座席の確保が難しいという難点があります。

ショーですので会場中央を中心に進むため、座席も中央付近がおすすめではありますが、この座席をゲットするのは難しいのです。

しかし、ショーの間はスケルトン達もディズニーキャラクターもいろいろと動き回るので、中央付近でなくとも充分楽しむことができます。

どうしても中央付近のベストポジションで鑑賞したいという人は2回目公演に参加する、という方法があります。

1回目公演はディズニーホテル宿泊者限定のアーリー入園の人が優位となるため、通常入園の場合は2回目公演が狙い目です。

ショップ「スチームボート・ミッキーズ」 の奥で開演待ちをすることになりますが、長時間待たないといけなくなるため、プラン計画が大切となります。

この「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」は、参加人数としてはハロウィンパレードや「ニューヨーク・ハロウィン・フォリーズ」に比べるとかなり少ないと思います。

しかし、ディズニーキャラクターでより近くで触れ合えたり、 キャラクターの個性も感じることができるので、とても楽しいエンターテインメントであると言えるでしょう。

参加型のショーですからお子様も十分に楽しめるため、是非一度鑑賞してみてください。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る