【tdr0351】ディズニーランドの井戸に溜まったコインの行く末は?

東京ディズニーランドにはコインを投げると願いが叶うといわれるスポットが二つあります。

ひとつは、トゥーンタウンにある「ミニーの家」の裏庭の「願いの井戸」、そしてもうひとつがファンタジーランドにある「白雪姫の祈りの泉」前の井戸です。

どちらの井戸もコインを投げ入れることで願いが叶うといわれており、多くのゲストが記念も兼ねて井戸にコインや硬貨を投げていきます。

日に数万単位で人が往来するディズニーランドで、このようにコインが投げ入れられているのですから、その合計金額は結構なもの。

放っておいても溜まる一方なので毎年暮れに回収されるのですが、回収されたコインはどこに納められているのでしょうか?

オリエンタルランドの利益になる・・・かと思いきや、これらのコインは、「キャストたちからの物品」と「半年以上放置されたゲストの遺失物をキャストに販売した売上金」と一緒に、「恵まれない子供たち」へ寄付されるのです。

自分たちの利益にせず、子どもたちへと配る・・・まさに夢の国ならではの発想です。

願いを込めて投げたコインが誰かの役に立っていると思うと、投げ入れた側も悪い気はしませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る