【tdr1548】2018春「イッツ・ア・スモールワールド」が大幅リニューアルして帰ってくる!?

2016年11月24日、東京ディズニーリゾート・ブログにて驚きの発表がありました。

なんと東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が大幅リニューアルし、2018年春にオープンするというのです。

『東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」がリニューアル!さらに幸せな船旅に』

「イッツ・ア・スモールワールド」と言えば、東京ディズニーランドオープン当初からある定番アトラクションの一つですが、大幅リニューアルは今回が初めて。一体どのようなリニューアルとなるのでしょうか?

今回のリニューアルで、大きく変わるのは・・・ディズニーキャラクターの導入です。

旅の始まりであるヨーロッパのスカンジナビアには映画「アナと雪の女王」のエルサ・アナ・オラフが、他ヨーロッパには「ふしぎの国のアリス」「シンデレラ」「ピーター・パン」「塔の上のラプンツェル」などが加わり、アジアには「ムーラン」「アラジン」、アフリカには「ライオン・キング」など、映画の舞台に合わせた土地に、その映画のキャラクター約40体が登場することとなったのです。

このリニューアルは既にアナハイムや香港でも行われており、大きな反響を呼んでいます。

香港では42体以上のディズニーキャラクターがいると言われていますから、恐らく東京ディズニーランドもそれぐらいの数になるのではないでしょうか。

どちらにせよ、大幅リニューアルはまだまだ先の話。

リニューアルに伴い、「イッツ・ア・スモールワールド」は2017年3月1日にクローズしますから、それまでに乗っておきたい人は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る