【tdr1723】「ニューヨーク・デリ」のこだわりアンティーク

夢の国だけど何処かリアルな雰囲気を持つディズニーリゾート。

ただただファンタジックでメルヘンチックな世界観というわけではなく、何処かにありそうな町並みも魅力の一つです。

そして、その雰囲気作りに貢献しているのが“実際に使われていたアイテム”。

東京ディズニーシーの「ニューヨーク・デリ」にも、実際に使われていたアイテムが飾られています。

レストランの入口から見て左側。このエリアは「Cubby Rachmaninov Celebrity Tailor(コビー・リチマニノフ・セレブリティ・テーラー)」という(設定上の)高級仕立て屋になっており、裁縫道具や仕立てた衣装などが並んでいます。

その中に、机と一体型になっている足踏みミシンがあるのですが・・・これが実際に使用されていた「SINGER」製のアンティークミシンなのです。

「SINGER」は1851年に世界初の実用ミシンを世に送り出した、アメリカの老舗ミシンメーカー。

高級仕立て屋には無くてはならない必須アイテムです。

しかも、このミシンはアメリカンウォーターフロントの時代設定と同じ1912年製。

しっかりと年代もそろえているあたり、ディズニーの粋を感じられますよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る