【tdr1790】地底に潜っていく「テラヴェーター」の小さなこだわり

地底走行車に乗って地底世界を探検する、ミステリアスアイランドの人気アトラクション「センター・オブ・ジ・アース」

ライド序盤はゆっくりとしたスピードで進むも、徐々にスピードをつけ急上昇、急降下するスリリングな内容になっています。

その最高速度は東京ディズニーリゾートのアトラクションの中で最速の時速75km。

この迫力の内容から、ディズニーシーの中でも人気の高いアトラクションとなっています。

そんな、「センター・オブ・ジ・アース」では、地下800mまで下降するために「テラヴェーター」というエレベーターに乗り込みます。

このエレベーターに乗って地下に行き、地底走行車の乗り場となっている「ベース・ステーション」に行くわけですが、この「テラ・ヴェーター」には小さな、物語的には大きな仕掛けが用意されています。

それがあるのは「テラヴェーター」の入口。

「テラヴェーター」内から入口の方を見ると、左上にメスシリンダーのような、ガラスの円柱型の計器を見ることが出来ます。

これは気圧を利用した深度計で、テラヴェーターが下降するにつれ、この深度計の目盛も下がっていくようになっています。

勿論、この深度計は設定に合わせて動かしているだけなのですが、こうした細かな演出は実にディズニーらしいですよね。

正直、中へと入ってすぐに振り返るゲストは少ないと思いますし、超目立たない演出ですが、知ればより一層その設定、世界観を楽しめるというもの。

テラヴェーターに乗った際には是非計器にも着目してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る