【tdr1754】「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」前に眠る悲劇の女性

1930年代の中央アメリカを舞台にしたエリア「ロストリバーデルタ」

緑に覆われたジャングルには古代文明の遺跡が眠り、考古学者や冒険家、一獲千金を狙う者たちが多く集まるようになった・・・という設定で、エリア内にあるレストラン「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」は彼らが利用する居留地となっています。

食事目当てにやってくる人が多かったこともあり、ある考古学者によって「グリル」という文字を看板に付け足されてしまった・・・という裏話があるのですが、本来は遺跡を調査するための考古学本部。

そのため、入口には発掘中であろう遺物や美術品、人骨などの出土品が置かれています。

多くの人はざっと見るだけで気付かないかと思いますが、この人骨の中にひとつだけ“他よりやや小さく”“首飾りをしている”ものがあります。

大きさと装飾品で女性の人骨、ということが推測できますが、実は悲しい物語を持つ人物なのです。

————————————————-

「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」の神殿に生贄が捧げられていた時代、クリスタルスカルに立ち向かおうとする一人の若者が現れました。

彼には既に結婚を約束した女性がいたのですが、生贄という悪しき風習を断つために立ちあがったのです。

当然、彼女は彼の勇気ある行動を止めようとしましたが、彼はその声に耳を傾けませんでした。そして、お守りとして彼女とおそろいの首飾りを身につけ、神殿へと向かいました。

若者は数々の罠をくぐり抜け、襲いかかる骸骨を倒して進みましたが、突如現れた大蛇の前に為す術もなく・・・。

若者の帰りを願い、祈り続ける彼女のもとに戻ってくることはありませんでした。

————————————————-

この物語の女性こそが、レストラン前に眠る首飾りの人骨・・・というわけです。

そして、例の若者ですが、アトラクション乗車中に骸骨が襲い掛かってくるシーンの左側にいます。

同じ首飾りをしていますが、一瞬なので見逃してしまいがちですが、是非チェックしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る