【tdr1546】岩がゴロゴロ「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」での撮影対策とは

東京ディズニーシーにある人気アトラクションの一つ「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」

こちらのアトラクションではライド中の写真が撮影・販売されており、サンプルのモニター画面の前にはアトラクションを体験し終えたゲストで賑わいを見せています。

大きなモニターに映されるライド中の様子を見て、写真を買うかどうか悩む人も多いかと思いますが、このモニターに新たな仕掛けが追加されました。

その仕掛けとは「岩がゴロゴロと転がってくるアニメーション」

静止画の写真上に岩石がゴロゴロと転がった映像がモニターに映され、ゲストはそれを参考に写真を買うか判断することになります。

もちろん、完成した写真には岩石は写っていません。では一体何故、岩石のアニメーションが追加されているのでしょうか?

その理由は「スマートフォン等での撮影対策」

一部のゲストの間では記念写真の購入はせず、サンプル画面の撮影をして済ます方もおり、この取り組みはそれらの心ないゲストの行為への対策と考えられています。

アトラクションの雰囲気に合わせて考えられた撮影ガードともいえる今回の対策。

今後他のアトラクションでも、同じような対策が見られるようになるかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る