【tdr1522】上海ディズニーランドの十二支は日本と大違い?

毎年、十二支にちなんだグッズを展開し盛り上がる年始の東京ディズニーリゾート。この十二支という文化は日本だけのものではなく、お隣の国「中国」でも親しまれています。

そのため、2016年6月にオープンした上海ディズニーランドにも十二支を取り入れた庭園が存在しているのですが、そのチョイスが日本と大きく異なっているのです。

まずは、日本の十二支(2006年から2017年まで)

子:2008 ミッキー、ミニー
丑:2009 クララベル・カウ
寅:2010 ティガー(くまのプーさん)
卯:2011 とんすけ、ミス・バニー(バンビ)
辰:2012 ムーシュー(ムーラン)
巳:2013 カー(ジャングル・ブック)
午:2014 ホーレス・ホースカラー
未:2015 こひつじのダニー
申:2016 アブー(アラジン)、キング・ルイ、モンキー(ジャングル・ブック)
酉:2017 ドナルド・ダック
戌:2006 プルート
亥:2007 プンバァ(ライオン・キング)

ミッキー・ミニーを筆頭にディズニーのお馴染みのキャラクターたちが選ばれています。

では上海はどうなのかというと・・・

子:レミー(レミーのおいしいレストラン)
丑:ベイブ(ポール・バニヤン巨人伝説)
寅:ティガー
卯:とんすけ
辰:ムーシュー
巳:カー
午:マキシマス(塔の上のラプンツェル)
未:ジョリーホリデーラムズ(メリーポピンズ)
申:アブー(アラジン)
酉:アラナデール(ロビンフッド)
戌:プルート
亥:ハム(トイ・ストーリー)

ネズミがあろうことかミッキー・ミニーではなく「レミー」を採用、牛は知名度の低い青牛、馬は比較的新しい作品からチョイスしています。

そして、酉はドナルド(アヒル)ではなく、アラナデール(鶏)。十二支をきちんと当てはめるために、擬人化したキャラは選ばず、種別に拘ったのかもしれませんね。

因みに日本ではイノシシになっている亥年ですが、これは日本だけの話で本来は「ブタ」が正解。そのため中国の亥年には「ハム」が選ばれています。

更に余談ですが、フランス、中国(一部)、チベット、タイ、ベトナム、ベラルーシにおいて卯年は兎ではなく猫が割り当てられています。

他にも羊が山羊(ヤギ)の場所もあり、地域によって十二支に違いがあるのです。

海外から見れば日本の十二支も疑問だらけ。文化の違いは誤解を招きやすいものですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る