【tdr1382】ディズニー公式Twitterアカウントが炎上した!?

140字と少ない文字数でつぶやく、人気のSNS「Twitter」

2015年12月末時点の全世界のアクティブユーザー数は3億2,000万人、日本国内では3,500万人にも上り、広告目的でアカウントを開設、運営している企業も多く存在します。

ディズニージャパンもそのうちの一つで、「ディズニー公式(@disneyjp)」という映画やグッズなどの“宣伝用”アカウントを運営しているのですが・・・

2015年8月9日につぶやいた内容で炎上、大騒動に至ってしまいました。

一体何をつぶやいて炎上してしまったのでしょうか?

炎上したのは2015年8月9日に呟かれた「なんでもない日おめでとう」というツイート。

映画「ふしぎの国のアリス」でお馴染みの歌で、アリスがケーキを前に微笑んでいる画像が添付されていたのですが、これが炎上の火種となったのです。

それもそのはず、8月9日は「長崎原爆投下日」

毎年各メディアでも取り上げられ、戦争や原爆というワードが飛び交うこの日に、よりにもよって「なんでもない日おめでとう」とつぶやき、作中で爆発するケーキが描かれた画像を添付してしまったのです。

このツイートは瞬く間にリツイート(拡散)され、多くの人が怒りや批判をリプライ(返信)しました。

リプライの中には「米企業だから故意にツイートしたのではないか」と疑うものや、Twitterアカウントの運営担当者を批判するものも。

中には「偶然なのではないか」といった擁護意見もありましたが・・・過去ツイートを見返すと、どうにも偶然ではないように思われるツイートが投稿されていました。

2014年8月15日 9:27(終戦日)
 文字:夏休み、楽しんでる?
 画像:サーフボードを持ったスティッチの後ろ姿
2015年3月11日15:55(東日本大震災)
 文字:春よ来い♪
 画像:雪原の中、オラフが一輪の花を見つけている姿
2015年6月29日18:00(岡山大空襲)
 文字:どっかーん。何があったの?
 画像:インサイドヘッドのイカリが怒っている姿
2015年7月12日19:32(宇都宮大空襲)
 文字:とけないように気をつけて。
 画像:野原の上レジャーシートに横たわるオラフの姿
2015年8月6日11:00(広島原爆投下日)
 文字:暑中お見舞い申し上げます。
 画像:太陽の下、野原で花を摘むオラフの姿
2015年8月9日 9:00(長崎原爆投下日)
 文字:なんでもない日おめでとう
 画像:アリスがケーキを嬉しそうに眺めている姿

以上のように、日本にとって大きな傷を受けた日にことごとく意味深なツイートがされているのです。しかも、このディズニー公式アカウント、普段は映画やグッズ、ゲームなどの宣伝しかしておらず、それ以外のツイートはほぼありません。

これでは故意にやっていることを疑われても仕方ありませんね。

ちなみに2015年8月9日に投稿されたツイートは既に削除されていますが、上記にあげた他のツイートに関しては削除されていません。

運営担当者が日本人であるかどうかは定かではありませんが、以後こうしたことのないようにして欲しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る