【tdr1031】30周年記念に米ディズニー社から贈られたブロンズ像とは

2013年に30周年を迎えた東京ディズニーリゾート。

それを記念して、ウォルト・ディズニー・カンパニーから“ウォルトとミッキーのブロンズ像”が贈呈され、東京ディズニーシーのシンボル「アクアスフィア」のそばに設置されました。

ウォルトとミッキーのブロンズ像と言えば東京ディズニーランドにある二人が手をつないだものを連想してしまうかと思いますが、今回贈られたものはそれらとは全く違うもの。

「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」に設置されているものと同じデザインで、ハットを被ったウォルトとウォルトのキャリーケースに乗った“クラッシック・ミッキー”が寄り添う、とってもフランクかつ親しげなものになっています。

今まさに、世界へ向けて旅に出ようという二人の雰囲気が感じられるブロンズ像をアクアスフィアの近くに置くなんて、なかなか素敵な演出ですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る