【tdr0887】14歳未満同士のインパークが禁止?米ディズニーがとった措置とは

2013年3月23日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるディズニーランドとフロリダ州にあるディズニーワールドにおいて、「14歳未満のみのゲストの入園が禁止」になりました。

つまり、14歳未満のゲストが入園するためには、14歳以上の保護者を同伴するよう定めたのです。

ディズニー広報担当のスージー・ブライアン氏のコメントによれば、

・入園ゲートで14歳以上の同伴者がいない14歳未満と見られるゲストがいた場合、声をかける
・声をかけたゲストが14歳未満であった場合、両親か保護者に連絡をする。そのうえで、一緒に園内に入ってもらうか、連れて帰ってもらうようにする。

とのこと。

これまでは入園に関する年齢制限のなかった米ディズニーパークでしたが、何故急に年齢制限を設けることにしたのでしょうか。

この措置に対して「反対の声があがるのでは?」と考えてしまいますが、実際、米ディズニーがゲストと児童福祉団体に相手に調査を行ったところ、双方から年齢制限に同意が得られたそうです。

この同意の上、アメリカ赤十字社の提言による“14歳”を境に、年齢制限をかけたのです。

また、この発表の約一週間前にディズニーワールド内のプールで友人と遊んでいた13歳の子供が溺死した事故があり、子供だけのインパークに慎重になっている背景があるのではないかと考えられています。

この年齢制限は現在、米ディズニーパークにのみ適用されていますが、今後、海外にあるディズニーパークでも同じような制限がかけられる可能性があると言われていますが、東京ディズニーリゾートではその予定はないそうです(2013年時点)。

とはいえ、子供同士のインパークに不安を感じる両親・保護者の方も多いかと思います。

年齢制限の有無に限らず、保護者の同伴については各家族が納得できるようになってから子供を送り出してくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る