【tdr0726】ディズニー社員が出張の時は○○も一緒?

アニメ作品に、実写作品、テーマパークなど、ありとあらゆる“エンターテイメント”を提供している「ウォルト・ディズニー・カンパニー」

常に新しい試みを打ち出し、広め、世界に夢と希望を振りまいています。

創始者は会社名にもある“ウォルト・ディズニー”

クリエイターとしての才能があったのは勿論のことですが、彼の強い信念が今のディズニーを作り上げたといっても過言ではありません。

そんな彼が大事にしていたものが“家族”というワードです。

彼自身、家族と一緒にいられる時間を大切にしていましたし、初めてディズニーランドの建設を構想するときも「子供だけではなく、家族が安心して遊べる場所」をコンセプトにするなど、家族と一緒にいられることを重んじてきました。

それは社員に対しても変わらず、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」では社員の出張時に、「家族同伴可」としたのです。

映像作品やアトラクションなどの資料のために、出張が多いディズニー社員。その回数、日数が多ければ多いほど、家族と過ごす時間が削られてしまいます。

ウォルト自身、家族と離れて一人ニューヨークで働いていた時期があり、その寂しさを痛感していたのでしょう。

同じような思いを社員にはさせたくないと、出張先に家族を連れていくように計らったのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る