【tdr1255】日本で初めてミッキーマウスの声優を務めたのは元アイドルの女性タレント

1928年11月18日、「蒸気船ウィリー」でデビューして以来、キーの高い裏声で人々を楽しませてきたミッキーマウス。

生みの親である「ウォルト・ディズニー」が初代声優を務め、2009年から2016年現在は4代目「ブレット・イワン」が声を吹き込み、日本では「青柳隆志」さんが専属声優として、あの裏声を引き継いでいます。

まるでバトンタッチするかのように引き継がれてきたミッキーの裏声。日本で初めて、その声を吹き込んだのは一体誰だかご存知でしょうか?

驚くべきことに、日本で初めてミッキーの声優を務めたのは、元アイドルで現在は女性タレントとして活躍している「榊原郁恵」さん。

1970年代ごろ、テレビの特番などで声を吹き込むこととなり、初代ミッキー声優となりました。

ちなみに、その後の声優は・・・

1984~1988年 後藤真寿美さん(ポニー版・バンダイ版)
1984~1985年 山田栄子さん(日本テレビ/ミッキーマウスとドナルドダック)

・・・と、女性が続き・・・後に、

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント版(現:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント)の初代声優として納谷六朗さんがミッキーを演じ、1991年にバトンを受け継ぐ形で現在の専属声優である青柳さんがミッキーを演じることとなりました。

ミッキーの日本上陸当初は決まった声優が定まっていなかったため、あちらこちらで声優が立てられていた・・・ということなのでしょうけど、それにしても初めて日本でミッキーを演じたのが榊原郁恵さんというのは意外な事実ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る