【tdr0931】ミッキーマウスは雨男!?その理由とは

東京ディズニーリゾートに行ったなら一度は会いたい、ディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」

しかし、そんな人気者の彼を「雨男」と呼ぶ人たちがいます。

それは一体どういうことなのでしょうか?

東京ディズニーランドオープン日である1983年4月15日。

この日、本来であればシンデレラ城前でオープンセレモニーが行われるはずでしたが、あいにくの雨により、ワールドバザールで行われました。

この雨のグランドオープンから始まって、東京ディズニーリゾートでは何らかのオープン日、イベント初日や末日に雨になる確率が高いと言われているのです。

例えば、東京ディズニーシーがオープンした2001年9月4日、この日も天気は雨でした。また、東京ディズニーランドホテルがオープンした2008年7月8日も曇りのち雨と、天候不良に見舞われました。

そうしたことから、一部から「舞浜の雨男」「雨男スター」などの名で呼ばれ、節目の日に雨が降ると話題のネタのようにSNSなどに投下されるようになったのでした。

といっても、これはほんのジョーク的なもの。

2000年から2015年までの東京ディズニーランド開園記念日を例にあげると、雨が降ったのは2000年、2003年、2010年のたった3回だけ。

本当にミッキーが雨男なら半数以上が雨でもおかしくありませんよね?

誰だって、ディズニーリゾートへ行く日に雨に降られたら嫌なものです。

だからこそ、雨が降ったとき「ミッキーのせいなら仕方ない」と納得材料にしているのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る