【tdr0491】ミッキーマウスが使い込み?普段のミッキーマウスからは想像つかない話とは

ディズニーの人気者「ミッキーマウス」と言えば、皆さんはどのようなイメージが湧きますか?

リーダーシップがあって、責任感が強く、何でもこなす、しっかり者・・・と、かなり「出来たキャラクター」を想像しますよね。

でも、「抜けている」と言いますか、「自分の欲に純粋」と言いますか、「浪費家」と言いますか・・・そんな普段のミッキーマウスからは想像のつかない、「ミッキーがやらかした」話があるのです。

アメリカABCで放送された「ハウス・オブ・マウス」(2001~2003年放送)

ミッキーたちが経営するジャズクラブ(ハウス・オブ・マウス)を舞台に、様々なディズニーキャラクターたちが登場する人気テレビシリーズで、全3シーズン52話が放送されました。

問題の話は、第1シーズン9話で放送された「Rent Day(家賃が消えた日)」

この話でミッキーが問題行動を起こしてしまうのです。

ジャズクラブのオーナーであり、司会を務めるミッキーは、ある日、クラブの経理を務めるミニーから「クラブの家賃(50ドル)」を預かりました。

家賃ですから、クラブの建物を所有するピートに納めなければいけません。ですが、ミッキーはチーズショップで両手いっぱいにチーズを購入し、家賃を使いきってしまうのです。

家賃の使い込みなんて現実で考えたら、修羅場が待ち構えている展開ですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る