【tdr0010】ディズニーリゾートラインは無料になる予定だった?

ディズニーリゾートラインといえば、東京ディズニーリゾート内の各施設をつなぐために、2001年7月27日に開業したモノレールです。

内装・外装にディズニーのキャラクターを「これでもか!」というほど用いており、窓や吊革もミッキーマウスの形になっているなど、乗るだけで楽しく、ディズニーリゾートにいるワクワク感を高めてくれる乗り物です。

4~13分間隔で運行しており、路線距離は全長5キロ。1周するとしても10分かかりません。そのため、「ちょっとしたアトラクション感覚でリゾート内を回ってみる」という人も結構いらっしゃいます。

そんな便利で人気のあるディズニーリゾートラインですが、開業前の企画段階では運賃の設定はなく、無料で乗れるように考えられていました。「そんなバカな」と思うかもしれませんが、そこは「夢の国」ですから、リゾート内を移動する乗物に運賃などいらないだろう、と考えたわけです。しかしながら、運賃無料にすることはできませんでした。

誰もが「運行費用」「設備費用」などの理由を考えるでしょうが、実は「鉄道法」が「運賃無料」をさせなかったのです。現在の鉄道法によると1路線の途中に乗降できる駅がある場合、運賃を設定しなければならず、ディズニーリゾートラインはそれに該当してしまったために、無料にするための認可がおりなかったというわけです。

さすがの夢の国でも、法律をどうにかすることはできませんからね、仕方ありません。

ちなみに2014年消費税改正後の現在における運賃は以下の通りになります。

       
○普通乗車券 (均一)
【大人(中学生以上)】260円 【子供】130円

○フリーきっぷ
【大人(中学生以上)】(1日)650円  【子供】330円
【大人(中学生以上)】(2日)800円  【子供】400円
【大人(中学生以上)】(3日)1000円 【子供】550円
【大人(中学生以上)】(4日)1400円 【子供】700円

○回数乗車券(11枚セット) 2600円 【子供】1300円

※幼児(小学生未満)の場合は乗車券を持つ保護者1名につき、2名まで無料。
※乳児(1才未満)は、無料。また、定期乗車券もあり、ICカードの「Pasmo」や「Suica」なども利用できます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る